--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コリラックマdeおめでとう!

2011年01月24日 10:45


20110106.png



とってもキュートな44歳おめでとう~


髪を短く切ってますます若々しいゆーたん。
恒例のバースデーケーキにコリラックマを描いてもらっていたゆーたん。
あっちゃんが楽しそうに歌ってると嬉しいゆーたん。
強面揃いBUCK-TICKが、貴方が居る事によってイイ感じに和みます。
これからも、リズムとメロディを繋ぐカッコイイベースを奏で続けてくださいね~


*お気に召しましたら*

人気ブログランキングへ

*拍手お礼は[続きを読む]にて*
スポンサーサイト

なんてカワイイ…。

2011年01月23日 14:37


201101_04.gif



やっと、ニャンコモチーフがグッズになってくれたけど、マフラータオルはライヴが終わったら
使い道に困る… 日常使うタオルになんかもったいなくて出来ないし…。
でも、可愛いから欲しいじゃん。"欲しい欲しい病"が止まりません
どうするワタシっ
袋物も、一時は雑誌の付録やムック本に夢中だったはずが今や目もくれず…
気がつきゃ"BUCK-TICK"なロゴが入ったトートが増殖している…!?
こっちはガッツリ普通に使っています。重宝してるんだなこれが…アハハ

今回もパンフは外せないし、アレとアレは絶対欲しいし、また踊らされてバンカーに貢ぐんだよ(微力ながら…)

た~すけて~~っ



201101_05.gif



*お気に召しましたら*

人気ブログランキングへ

*拍手お礼は[続きを読む]にて*

やれば出来る魔王。

2011年01月23日 13:02






『うたかたのRAZZLE DAZZLE』が始まりましたね
アンコール盛りだくさん、今井先生はヘアースタイルも新たにご登場~
色々と楽しい事が起こっているようですが、ワタシは3月までお預けです(iωi)

そんな中、今日ちょっと早起きしてイイモノ見付けたので貼っておきます!
魔王様がちゃんと真面目にお喋りになっておられます。
やれば出来る子、櫻井敦司
笑顔の出血大サービス(見てるこっちが大出血…
相槌の声までが艶めかしい…(*゜-゜)

暫くナマあっちゃんに会えないので、コレでほっこりと癒されておきます



*お気に召しましたら*

人気ブログランキングへ

*拍手お礼は[続きを読む]にて*
[ 続きを読む ]

年一のバローロ

2011年01月19日 15:25


201101_03.png



今年の正月もバローロ奮発しました!
と、いってもビックリするほどのビンテージには手が出ませんけどね
バローロで奮発したのでミュスカデはお買い得コーナーで。
なんかこの頃ワインを飲むと眠気が襲って来るので、バローロ呑んじゃ睡眠…の、寝正月しまくりでした(;゜-゜)
2003年のリゼルヴァ(5年以上の熟成必須)だったので、グラスに注いだ途端、そのガーネット色に感動しました
空気に触れた2日目の味の方が好きかなぁ。

しかし…母には不評だったので(お酒はほとんど飲めないくせに、文句は言う…)
来年は甘口のドイツワインにするかな。
まぁ、そもそもドイツワインが大好きだったワタシがBさんやさんに振り回されてるだけなので
たまには自分を取り戻してみるのも良いかもしれません

シャブリと迷ったミュスカデは、まだ空けていないので、今後のお楽しみです



*お気に召しましたら*

人気ブログランキングへ

*拍手お礼は[続きを読む]にて*

どこで知り合うのだ?

2011年01月16日 15:32


201101_2.png



飛び込め うたかたのBOYS&GIRLS

生きていて 嬉しいか?

夢の続きの ような 虹色 夜明け前



[ BUCK-TICK : RAZZLE DAZZLE / RAZZLE DAZZLE 作詞・作曲 : 今井寿 ]




今どき貴重なピンボケ写真…。

しかも これ 夕焼けです;


BUCK-TICKの左利きさん、ようやく冬眠から御目覚めのようで
恒例の新年会の模様もちらっと公開されていましたね~
今、BUCK-TICKファンが最も関心があるのは、今井先生が柳原加奈子ちゃんと知り合った経緯と
星野英彦のハワイだよりではないでしょうか
今井先生はぷよぷよで負けたせいだけではなく、後ろ姿がどう見ても加奈子ちゃんの方が頼りがいが
ありそうな…。他にも芸人さんの知り合いがいるようですが、どこで知り合うんですかね?
テレビ出ないのにっ!!
そんな暇があったら、もう少し自分がテレビに出てみて下さいよう(iωi)
3月にライヴDVDが出るといってもなぁ~んにも出演しなさそうですしね…
大阪なんですよねぇ~これ。
完全大阪版とは思っていなかったので、地元民としては目茶苦茶嬉しいです
興奮しすぎると色んな記憶が飛んで行ってしまうので、自分が行ったライヴのDVD化は非常に有難いことです。
LIVE CDも付く太っ腹ぶりで(値段はしっかりとりますが…)3月には限定ライヴもありますし、
生きいて嬉しい半面、また散財の年が始まったな~って感じがします(^ω^)


寿記‐寿的超日常記‐ - OFFICIAL BLOG


*お気に召しましたら*

人気ブログランキングへ

*拍手お礼は[続きを読む]にて*
[ 続きを読む ]

ミックが死んじゃった…

2011年01月09日 09:58


japan_art.png
デヴィッド・シルビアン / スティーヴ・ジャンセン / ミック・カーン / リチャード・バルビエリ



久々にJAPANのアルバム【TIN DRUM-ブリキの太鼓-】を聴いていたら青春時代が蘇ってきました。
周りが"たのきん"だ"聖子ちゃん"だ言ってる中、デビ・シルだジョン・テイラーだポール・ハンプシャーだと
イギリスのお兄ちゃんにキャーキャー言っていたあの頃、BのSさんとかも、確か彼らの音楽を
聴いていたはずです。 (ウル覚え情報;) デペッシュ・モードとかデヴィット・ボウイーとか好きだしね。

あの当時、彼らの全てが衝撃的でした。
美しい容姿、透けるプラチナブロンド、赤や青に染められた髪、そして何よりも
度肝を抜かれたのはデヴィッド・シルビアンの声も含めたその"音"でした。
モチロン、ミック・カーンの独特個性的で妖しいベースラインも!
ロンドンからやってきた新しい音楽に触れてしまったら、もう日本の歌謡曲なんて稚拙に感じられて
聴いていられませんでした;

真面目な学生が体調不良のフリをして学校を早退し、ライブに行ったのもこの人たちの所為!?
(あれ?DURAN DURANの時だったっけ?)
そういえば、あの頃はライブのステージ上はコードやらケーブルやらが這いつくばっていた時代です。
が、ミックはバレエシューズを履いてツツツーーー・・・ツツツーー・・・と、カニ移動をしながら
フレットレスベースを奏で、妖しい音を放出していました(笑)
で、たまにケーブルにつまずいているお茶目な姿とか。
日本のミュージシャンとも交流があり、矢野顕子やYMO、土屋昌巳氏なんかとも親交が深かったですね。
そう言えば、土屋昌巳氏はJAPANの日本ツアーにギタリストとして参加していましたよ!

手元にある音源はほとんどカセットテープで…;
CDがあるのは【TIN DRUM-ブリキの太鼓-】だけなのですが、今聴いても全く古さを感じさせる
事がありません!! あの当時大好きだった曲には、今でも凄い反応してしまうし。

活動後期のデビ・シルの歌を聴いていると、似ている訳ではないんですが、櫻井敦司を彷彿!な瞬間がある…。
(いや、デヴィッドが先なんだけどね;) 声のトーンが低かったり滑らかだったりな部分でしょうか?
ワタシがBUCK-TICKを"聴ける耳"を持つようになったのも、そのルーツはJAPANにあるのかも知れません。

年明け早々にミックの訃報を知って随分と悲しい気分になりましたが、
多感な青春時代に素晴らしい音楽をくれた彼に感謝し、御冥福をお祈りいたします。

ミックのセクシーで妖しいベースに きっと 天使たちも酔うよね…。








*お気に召しましたら*

人気ブログランキングへ

*拍手お礼は[続きを読む]にて*



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。